北海道、札幌のポスティングは株式会社リッド

お電話でのお問合わせ
メニューを表示
Gポスメディア掲載記事

Gポスメディア掲載記事

「みちびき」対応の専用端末を導入、精度の高い位置情報で配布漏れを防ぐ

2019年5月23日(帝国ニュース 北海道版)

「みちびき」対応の専用端末を導入、精度の高い位置情報で配布漏れを防ぐ

2019年5月23日(帝国ニュース 北海道版)

 1991年の設立以来、チラシ類のポスティング業務を主体に、そのほかDM類の発送代行を手がけてきた(株)リッド(札幌市、取締役会長 伊勢谷 昌弘氏)。当社では、このたび準天頂衛星『みちびき』に対応した専用端末を導入し、チラシの配布漏れがないかなど配布状況を確認できるサービスをスタートした。これまでも配布スタッフにGPS端末を携帯させてチェックを行っていたが、『みちびき』を活用することで位置情報の誤差を従来の10m内外から1m以内へと大幅に抑えることが可能となるほか、GPSの電波では届きにくかった高層ビルが立ち並ぶようなエリアや山間部でも安定して精度の高い位置情報を得ることができる。

 当社では、現在650名いる配布スタッフ全員に専用端末を持たせ、位置情報を記録することで、顧客に対して配布したことを証明するサービスも提出していく。

 また、専用端末には緊急通報ボタンが設置されており、事故など緊急事態が発生した際にこのボタンを押せば、管理者に位置を通知することができるため、スタッフの安全確保にもつながるという。

 この『みちびき』対応の専用端末は、ポスティングの精度と顧客からの信頼性向上を図るべく、ポスティング事業を手掛ける企業として、初めて当社が導入し、内閣府も視察に訪れた。訪問した仮定を個々に確認できる特徴生かし、「今後は独り暮らしの高齢者などの安否確認をするサービス展開も考えている」とのことだ。